こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
菜種晴れ

菜種晴れ-crop-crop山本一力 : 著
中央公論新書 : 発行

歳で親類の江戸:深川の油問屋の後取りとして養女になった(房州)勝山の菜種農家の娘:二三(ふみ)

養父母から可愛がられ、彼女の才能と器量を認める周囲の人からも大切にされ10年・・・
その間の二三は、天ぷら名人の料理人・元深川芸者の太郎・祭りを仕切る香具師の親分など多くの人からの愛を感じ、
淋しさや涙は人前では見せなかった。

5歳の幼子の健気さ、出来すぎてない?とも。

郷里の母に習った絶品のぷらを、仕込みから揚げるまで一人でこなし周囲を唸らせる・・・ムム^^有り得る??


15歳の春、深川一帯の大火事で養父母を失い、養女先の油問屋は取り潰された。
奉公人と火事で焼け出された人たちの救済をすませ・・・その後・・・
実の母親と小さな店を持った、又もや後の10年目に安政の大地震で母親も許嫁も天ぷら屋も失ってしまう。

物語の前半は、五歳の二三の家族との別離の悲しみをたっぷり書いてていますが、
この辺り~以降は、あっけないほどの超スピードで話が展開します。

地震後に知り合った老婆の土地に菜の花を植え、菜の花畑に囲まれる~~は、暖かな結末。
終わりよければすべて良し。

それにしても、子どもって一所懸命ですね。
一生懸命に周囲の人を愛し、新しいことを吸収し大人になっていきます。
二三のそんな姿がいじらしいのは、孫の笑太がちょうど同じ年頃なのもありますね。




・・・・・・・・・・・

娘に、聞いてみました。
5歳の子供に天ぷらってありかしら?と。


2013_9_cook - コピー

ちょっと待ってね、で、届いた写真。
5歳になったばかりの笑太@料理教室・・・天ぷら揚げています。

先日は、魚をさばいて干物も作ったそうです。
ちょっと怪我しちゃったけれどね、だそうですが全く嫌がってません。
お料理、好きらしい~





関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2361-5ca7829d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)