こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
鮎、一夕

急に話が持ち上がって、
を食べに行ってきました。

この店では、大将手釣りの鮎が7・8月の料理に出されます。
子を持つまでの時期しか扱ってもらえないのですが、今ならまだ大丈夫と聞いて・・・

DSC02813ブログ


大きな鮎。
1時間半かけて炭火で焼き上げると、頭から尾までパリパリで美味しい^^

生ビール、好きですがあまり飲むと料理が食べられない。
ゆっくり時間をかけていただきましょう。

ブログ用

どの料理も本当に美味しくて、幸せ満喫。
お出汁に手抜きがないからでしょう。

毎月は無理にしても、3か月に1回は行きたいね、と友人と笑顔(^_-)-☆





この日、料理のほかにもう一つ嬉しいことに出会いました。
美しいご婦人と、ご老人とお話ししました。

一見個性的とは感じられない風貌と物腰のご老人が、実は、とても有名な工芸作家さん。
日展での重鎮で、迫力ある作品を見慣れています。
それなのに、なんて普通で穏やかな方でしょう。

ご婦人は、某スポーツの監督のお身内と紹介されましたが本当に美しい。

そして・・・
びっくりしたのはお二人の年齢~

工芸作家さんは、89 86歳
美しいご婦人は92

ご夫婦ではなく仲の良いお友達だそうですが、お酒と召し上がったのはご婦人だけ。
私は、この人を送らなければなりませんからお酒は飲みません。ですと。

こんな歳の取り方、憧れです。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2467-afd3f8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)