こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
裏金貸します。

恒例の、秋のお仕事 by 庭師さんたち。
了解を貰って何枚かの写真を撮ったつもりですが・・・
あららぁ! ない^^

DSC03020.jpg



新しいカメラは、
前のカメラと違って、本体に内蔵メモリーがなくSDカードにしか保存できないらしい。

しかもカードが入っていない警告もなく、シャッターも普通に下ります。
つまり、SDカードが入っていなくても気付かないで撮り進んでしまう失敗に繋がります。トホホなんです。

メーカーに問いあわた結果、実はさりげなく上品な No Card警告秒ほど小さく出ることが判明。
はぁ・・・!今後気をつけます。


今年も作った、月桂樹のリース。
相変らずいい加減で雑な作りですが、唐辛子とベイリーブがいつでも使えるだけで良いことにします。


DSC03032.jpg
こちらは、もっといい加減なリボン巻き。


今年は、
東南に植えてある白樫、数年前からうどんこ病と鉄砲虫が気になっていたのを抜くことにしました。
代わりに、門の前の大きな常滑焼の土管に植えてある常緑やま法師を移植することに。
このやま法師、楽しみな赤い実が見られない。
水はけが良すぎて、水不足からか色づく前に全部落ちました。
やはり、地植えには勝てません。



ところで、庭にはいろいろ縁起を担いだ樹木を植えますが・・・
我が家は、”貸し借りなし”の語呂合わせで、樫・花梨・梨、”難を転じる”南天の木がありました。
南天は、鬼門:北東に、そして、南西に柊を植えるとよいとも言われますが、南天はあちこちにあります。

梨は数年前になくし、今度樫もなくすと花梨だけしか残らない”貸し借りなし”。
借りなければいいかな?と庭師さんとの雑談で面白い話を聞きました。

樫と花梨の植える場所で意味合いが違うのだそう~

 家の前に樫と花梨・梨を植えれば、一般的な”貸し借りなし”のおまじない。
 隣家との境目近くに樫と花梨を植えると、お互いに貸したり借りたり~
 裏庭に樫、表にも樫と花梨を植えた家は、表向きは貸し借りなしのお宅を装った、
裏で貸します、こっそり金融業。だそう♪

そして、付録です。
ソテツを植えるとお金がたまらないとか。漢字に当てはめて・・・粗鉄は、粗末のそ+金を失い、
柿 は、お金をかき集める。と縁起が良い、とか。
いろいろありますね。



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2482-09196ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)