こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
襲名犯

風邪・・・完治とは言えませんが、85%回復しました。
食欲も回復。ご心配ありがとうございました。<(_ _)>






襲名犯
竹吉 優輔 : 著
講談社 : 発行

十四年前、ある地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。逮捕後、その美貌と語り口から、男には熱狂的な信奉者も生まれたが、やがて死刑が執行される。彼の「死」は始まりにすぎななかった。そしていま、第二の事件が起きる― (帯による)
6人を犠牲にした連続殺人犯は、美しい容姿と犯行動機などを語らないまま死刑が執行された。ルイス・キャロルの詩を真似たようなその犯行から「ブージャム」と呼ばれた犯人。(本文からの引用~)



   その犯人を英雄視する熱狂的な信奉者たちも多く発生、
   ・・・ある日
   小指を切り取られた女性の惨殺体がみつかり、「ブージャム」と血塗られた落書きが・・・

   十四年前の最後の被害者、南條信の双子の弟:南條仁を巡る連続殺人の始まり。
   これは、過去の事件とどう繋がるか?

   第59回江戸川乱歩賞受賞作とのことで、期待がありましたが、
   はっきリ、簡単に言って、つまらない作品と、思ってしまいました。

   そもそも、
   カリスマ性をもった殺人犯を “襲名” するという設定ですが、
   初代ブージャムのどこにカリスマ性があるのか?全くわからない・・・
   主人公がとらわれ続けるトラウマにも説得力は感じられないし、
   登場人物たちも混ざり合ってしまう感じ、が個人的な感想です。



   これより、次に読んだ本の方が断然良かった。
   この本については、近いうちに書きますが、江戸川乱歩賞はこの作品にこそ!と思ってしまいました。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



  
今日の嬉しい~ 💕 は、

DSC04461.jpg
知り合いから届いたものの中から、おまけに入れてくれたこれ。
去年のバレンタイン頃に、夢中で探しまわったあの、チョコレート。

DSC04460.jpg

グ〇コ と ロ〇ズ のコラボ、アーモンドチョコレート♪

今年は、初日に売り切れたそうで・・・1個も入手できないままでした。
風邪で、それどころではなかったとの事情もありますが、すっかり諦めていたところに・・・嬉しい。







関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
この記事のコメント
本は読む人の感性も刺激するので・・
自分の感性に合ったときはすごく感動しますね
わたくしもたくさん本読みますが・・
皆これから成長してゆくだろうと思われる人ばか
り重点的に読んでますが、はまってるのが・・
あやかし・・ものですね・・実に過去のできごとを
詳しい調査が行われて書かれているものが多いので
歴史と人の暮らしの在り方をアrためて知る楽しい時間過ごしてます
  1. 2016/02/22(Mon) 09:00:33
  2. URL
  3. ぱふぱふ #
  4. [ 編集]
💕ぱふぱふさん💕
ぱふぱふさんは・・・じつに不思議な方ですね。

物知りで、
写真がお上手で、
文学もお好き。

理系の学者さんかと思ったら、転勤もいろいろ経験されておいでのようで。。。

ミステリアスって、魅力がありますね。
  1. 2016/02/23(Tue) 00:22:43
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2534-bee58f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)