こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
図書館の本。(ジャポニズム)
9月なかばに図書館デビューして、
ふり返れば24冊の本を借りて読みました。

DSC02279.jpg

デビューの日に申し込んだ『たゆたえとも沈まず』(原田マハ)は、
11月28日にようやく借りられました。


これ、
画家:フィンセント・ファン・ゴッホと、
フランスにジャポニズムを売り込んだ日本人画商:林忠正の物語です。

パリ万博をきっかけにフランスに浮世絵を広めた林忠正と、部下の加納重吉。
パリの画商テオが支えるのは、放浪癖のある兄のフィンセント・ファン・ゴッホ。
この4人の出会いから、変化していくゴッホの運命…
 ジャポニスムの影響下、やがて世界を席巻する印象派。


ゴッホの短く劇的な生涯は有名な話で、
知っているような気がしていたゴッホ兄弟のことは再認識。

どうして、あんなにも困ったちゃんの兄=ゴッホを信じ・応援し・支え続けられるのか?と疑問を捨てきれないながら、テオとその妻の人柄に惹かれます。

それにしても、ゴッホの作品の価値を早くから気づき、
彼なりのやり方で応援していた林忠正は、お人良しとは、一味違うなぁ。


読み終えたら、ゴッホの絵を見たくなりました。
今、1月7日まで東京で展覧会開催中の筈。

私は、次の開催地:京都に行くつもりです。

DSC02405.jpg

↑の2冊と交換で、これを借りました。
朝井まかてさん…個人的には☆☆。
☆3つが最高として…です。

関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
この記事のコメント
私、父が画家や彫刻家を応援していたので
何人かの素晴らしい画家や彫刻家を子供のころから見てきましたが
テオのような人
兄弟ではないけど
日本にも結構いるんですよ!
その人の才能を信じて
その人に人生をささげた人
何人か見てきました!

文才があれば素晴らしいものが出来そう( ´艸`)
  1. 2017/12/17(Sun) 19:22:31
  2. URL
  3. baba #
  4. [ 編集]
💕babaちゃま💕
只者ではないbabaちゃま。
お父さま、凄いですね。
文化人の応援=スポンサー・・・

過去記事で、babaちゃまが素晴らしい方々のスケッチブック(だったかしら?)をお披露目下さったことを、思い出しています。

その時は、何故???でしたがようやく結びつきました。
  1. 2017/12/17(Sun) 21:40:06
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こんにちは。
そういえば、東京都美術館で開催中でした。
行こうかどうかまだ迷っています。
上野駅から都美術館までは遠く、
また緩く長い坂があるので、私にはきつくて。

しかし、今更ながらですが色んな書籍があるものですね。
そんな中からこういう芸術的な本を選ばれるとは!
さすがと思います。
  1. 2017/12/18(Mon) 10:48:11
  2. URL
  3. NANTEI #
  4. [ 編集]
💕NANTEIさん💕
東京都美術館は、上野駅から不便なのですね。
1月4日までということもあって、上京は止めました。

本を読むと、舞台になった地域や物などに興味がわきます。
京都にはぜひと思っています。
  1. 2017/12/18(Mon) 21:13:44
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2852-fa51e729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)