こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ウチの七草粥
我が家のお正月は今日=1月7日=で終わりです。
門松を外し、七草粥を作ります。
七草粥のための≪春の七草≫、
せり・なずな・お(ご)ぎょう・はこべら・仏の座・すずな・すずしろ
は、ありません。

DSC02687.jpg
庭の野菜を少しずつ…6草です。

七草の菜、私が子供の頃は父親が刻みました。

音痴を自認していて歌わない人が、覚束ない手つきで
”ナナクサナズナ 唐土の鳥が渡らぬさきにトト トン トン トン”
と唱えながら、きざんでいました。

これは、大陸から疫病をもたらす鳥が渡ってくる前に、追い払えという意味で、七草粥は魔よけや厄災を防ぐ儀式としての意味合いが濃いという考え方もあるようです。。


何ごとも手抜きで、ご飯から煮たお粥に焼かないお餅を入れ、
お持ちの上に砂糖を振って頂きます。
(三温糖なので、焼き餅に見えますが)

お粥

私の実家の、父方の七草粥は、珍しいようですが、、、
多分、江戸風と思えるようになりました。ちなみに、父は江戸っ子です。

どなたか、一緒だわと言って下さる方、大募集です。

関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
はははっ!
大根葉、ほうれん草、白菜、根深葱、アサツキ、ブロッコリー・キューリ(これは草ではない 笑)に、今年はしました。だって、冷蔵庫にこれしかなかったので・・・でも、お出汁はミニホタテの豪華版です。では、では、またね。こすずめさ〜ん
  1. 2018/01/07(Sun) 11:08:32
  2. URL
  3. ソカロのゆうです! #
  4. [ 編集]
💕ソカロのゆうさん💕
ちょっと前、七草セットを売っているのを見た時はビックリでした。
今は、それを使うのが普通になってしまったようですが…

七草、多分由来は”その辺で摘めるもの”だったのでは?と思います。
なので、在りものはいいのではないかしら?

我が家は、お出汁なし。
白がゆです。ウフフ。
  1. 2018/01/07(Sun) 21:05:41
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こんばんは。
今日は七草粥の日でしたか?
もう、すっかり忘れてました。
このところお正月さえ忘れそうです(><)

お父様の「唐土の鳥が♪」、ほほえましいですね。
楽しく料理するときは祖母も義母も、
なになかしら鼻歌を歌っていたような・・・。
聞いていると、とても幸せな気持ちになったものです。
あ、連れ合いも時々^^;

しかし、美味しそうな料理は、
良い器でより美味しく見えるものですね!
六草粥、ご馳走さまでした♪
  1. 2018/01/07(Sun) 23:47:35
  2. URL
  3. NANTEI #
  4. [ 編集]
💕NANTEIさん💕
全く節季も気に留めない暮らしをするようになってしまいました。
でも、この気ままさはなかなかのものです。

器も料理の内って、外食の時に思います。
この日は、黒楽のお抹茶茶わんでした(エヘ)
  1. 2018/01/08(Mon) 13:43:00
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
七草粥に砂糖
初めまして。七草粥にお餅を入れて、砂糖を掛けて食べる、江戸っ子の末裔です。

実はこの食べ方をする人に会ったことが無いので、昨日までルーツがわからずに居ました。
やっとあなたのブログや他の方の記事にも、同じ食べ方が載っていることを発見したのです。
昨日まで七草粥について、3つも記事を書いてしまいました。
母の家は江戸時代から、神田で幕府御用達の花屋をして居ました。
  1. 2018/01/09(Tue) 07:17:12
  2. URL
  3. Hisako-Baba #
  4. [ 編集]
💕Hisako-Babaさん💕
ようこそおいで下さいました。
七草粥のことは、本当に不思議でした。やはり、江戸の一部の方の食べ方だったようですね。

私の父方の先祖も、
銀座でたばこ商でした。
専売局が出来以前の話ですが。

これからもお付き合いをお願いできたらと思います。よろしくお願いいたします。
  1. 2018/01/09(Tue) 10:44:53
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
そうなんです
自宅の周りの草が基本です。なので季節により春の七草とか、秋の七草などいろんな七草があります。現代ではそうそう道路脇の草をいただくわけにはいきません(苦笑)揃うもので無病息災と身体の調子を整える!でいいと思っています(苦笑)
  1. 2018/01/12(Fri) 08:25:47
  2. URL
  3. ソカロのゆうです! #
  4. [ 編集]
💕ソカロのゆうさん💕
ホント・本当に、
道端の草は摘めませんね。

子供が小さかった頃は、空き地でよもぎが摘めました。
もち米を蒸して、擂粉木で突っついて草餅を作りました。
美味しかった思い出~
  1. 2018/01/12(Fri) 16:56:52
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2864-15001f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)