こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
陶磁美術館
迷い道の結果、8500歩も歩いてしまったのですが、
陶磁美術館は心地よい場所でした。


DSC02723.jpg

ボランティアさんと一緒に、常設展。
美しい焼き物が、見やすく展示してあります。


DSC02726a文字


ゆっくり聞きたかったのですが、2時間に1本のバスに乗りたくて大端折り^^
日本で最も古い≪縄文土器≫も綺麗~

DSC02724文字

説明をうけなかったけれど、楽しい器。



慌て過ぎて時間が余ってしまった…
登り窯が、数機建物の中に保存してありました。


登り窯
外からしか見たことがなかったのですが、
こんなだったのね。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
この記事のコメント
登り窯
建物の中に保存ですか~!

私の生れた家には
庭に小さな釜があり
小さくても焼くときは
父が2日間位夜も寝ないで火をくべて
陶器が焼きあがりました
子供だった私は
そのあと焼く
焼き芋が楽しみだった~(*^。^*)
  1. 2018/01/10(Wed) 09:07:48
  2. URL
  3. baba #
  4. [ 編集]
こすずめさん

しーんとした空気が画像から伝わってきます。
説明がなくともご自分が感じ取るのが一番よね。

登り窯
こちらでは丹波立杭があるのよ。

毎年火入れ式みたいなのがあって
一度行ったことある
外だからさむ~~って感じだった。
  1. 2018/01/10(Wed) 14:25:26
  2. URL
  3. az #
  4. [ 編集]
💕babaちゃま💕
遅くなりました。

babaちゃま、お父さまは素晴らしい文化人でしたのね。きっとお母さまもでしょうね。

焼き物はお父さまのご趣味(って言ってはいけないかしら?)でしたか。
作品は残っていませんか?

babaちゃまのルーツ、素敵過ぎ!
  1. 2018/01/11(Thu) 11:16:09
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
💕azさん💕
遅くなりました。

登り窯の火入れと、焼き上がりのお祭り(?)には行ったことがあります。
わいわい、賑やかにご馳走を頂いたりしました。

でもね、なかの様子はここで初めて知りました。
想像とちょっと違っていました。
  1. 2018/01/11(Thu) 11:20:01
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2866-c9a627dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)