こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
みおつくし料理帖(全巻)/ おもかげ / バブルノタシナミ

また、いっぱい本を読みました。
ティッシュペーパーを握りしめて。

ドライアイ+花粉症+感激で流れ出る涙  のために、ネ。

みおつくし

お隣かさんからお借りした≪みおつくし料理帖≫8冊と、
2冊持っていた自分の本も読み返しました。  

丁寧な物語が、優しくて…じんわり涙があふれでます。
心の良薬です。

昨年末、NHKでドラマになっていました。⇒ コチラ

見事なキャスティング、その時の役者さんの顔や声がそっくり浮かびます。

ただ、出来たら別の人が好いかと思うのは、おりょうさん役。
美しすぎる麻生祐実さんより、生活感のだせる室井滋さんがいいかも。

あと、続編で活躍しそうな’りう’さんは、是非とも樹木希林さんでとも。



≪みおつくし献立帖≫、

内緒話や、鶴屋の間取り図など興味深い話があれこれ。

B5サイズのスケッチブックにイメージを描いて、物語を進行させるのですって。

作者と主人公=澪さんが、重なります。
  



その前に、図書館でお借りした本。

おもかげ   浅田次郎:著  毎日新聞出版:発行
内容紹介、引き写しです。
「忘れなければ、生きていけなかった」
浅田文学の新たなる傑作、誕生――。
定年の日に倒れた男の〈幸福〉とは。
心揺さぶる、愛と真実の物語。
商社マンとして定年を迎えた竹脇正一は、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこまれた。
今や社長となった同期の嘆き、妻や娘婿の心配、幼なじみらの思いをよそに、竹脇の意識は戻らない。
一方で、竹脇本人はベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験を重ねていた。
やがて、自らの過去を彷徨う竹脇の目に映ったものは――。


バブルノタシナミ 阿川佐和子:著  世界文化社:発行           
著者が、阿川さんでなかったら…このエッセイ集は本屋さんに並ぶかな?
名前で売れるって、凄いことだと思いました。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
この記事のコメント
沢山の本のご紹介ありがとうございます。
『みおつくし料理帖』昨年末にドラマになっていたのですね。
見たかったなぁ~って思います。

私もドライアイの治療中で本を読むのもテレビを見るのも
疲れてしまって本当に遅読になっています。

テレビの影響で知名度があるのと出版社の思惑で
「え!これが?」って思うのが
賞を受けているのもありますね。
  1. 2018/03/17(Sat) 17:36:53
  2. URL
  3. nohohon #
  4. [ 編集]
💕nohohonさん💕
ドラマ、とても良かったデスよぉ~

ちょうど食事時で、見逃したものもあって再放送を調べましたがなくて、トホホ。
年始にだったか、総集編の放送があって嬉しかったわ。

私には珍しいことですが、
何度でもみたいし、続編を楽しみにしています。
  1. 2018/03/17(Sat) 19:08:25
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こすずめさん

相変らずたくさんの活字と出合う生活されていますね。
すんごい ! ! わぁ~。

私も本を読んでいた時
キャスティングを自分なりに考えたことあります。

だから本で読んでテレビ映画化されているのは
本当は自分の中に出来上がっているいるのがあるから
見るの好きじゃなかった。

反対もあったけど
それは「へぇ~ なるほど。。。」と
それはそれで楽しかったわ。
  1. 2018/03/18(Sun) 18:04:50
  2. URL
  3. az #
  4. [ 編集]
💕azさん💕
そうそう、勝手にキャスティング。
大抵はがっかりですが、
これは先に俳優さんありき?と思うほどぴったりでした。

続編、計画中らしい。
楽しみです。
  1. 2018/03/18(Sun) 20:52:07
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
おはようございます♪

みおつくし料理帖 NHKで放映されていたのですね
残念ながら見ていません
図書館にも滅多に行かないし今検索して見たら中古本もありますね
ブログを書いていたら中々本までには到達しません
何かを止めなければ(笑
  1. 2018/03/19(Mon) 07:44:27
  2. URL
  3. はやとうり #
  4. [ 編集]
💕はやとうりさん💕
こんにちは。
原作もとても好きなのですが、
ドラマもとても良かったのです。

この著者は、いわゆる顔出しを避けていらっしゃいます。
直接の出会いをと、サイン会ではいろいろお話も出来るようです。
本の主人公と重なる優しくてたくましいご性格かしら?
サイン会があったらお目にかかってみたい方です。

読みやすい本ですよぉ~
  1. 2018/03/19(Mon) 14:15:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2894-1452c926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)