こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
画を送る・・・で、バタバタ。
群馬に行った次の日(一昨日)、画の梱包をしました。

梱包って、想定外の体力仕事でした。
多分20号(?)の画 + 幅広で厚みのある額縁には、
手持ちのエアークッションに、段ボール・新聞紙などこれでもかと。

最終的には、羊毛入りのベッドスプレッドで包み、
更にはビニールコーティングの防水紙でいいかしら?。

DSC04231.jpg

ところが、(クロネコさん)集荷の若者が”絵画運べない”と言います。

画の価値はどれくらいですか?に、
多分値段はありません。と答えたのですが、関係ないとも。
コピーならOKですが、本物はだと。
万一の場合の保証の為だそう(ナルホド)


他所を聞いてみてください、と帰られました。
あっはぁ~~Σ(゚□゚(゚□゚*)

DSC04238.jpg

調べました。
運び方com.で、いろいろ出ますがほとんどは平日対応のみ。
〈佐川急便〉とだけ話せました。が、
翌日の午後以降、集荷に行った人の判断で引き受ける可能性と。

展覧会搬入用の業者さんはありますが、
料金と、梱包の問題があって避けたい。。。
あんなに苦労して完成させた梱包を、
解いて、大量のゴミを処分するのは堪忍してほしい^^



諦めきれずに探したら、ありました。

🏣 一つはゆうパック。
縦・横・厚みの合計が170㎝・30㎏までなら、絵もOK。
測ると、縦・横・厚みの合計が180余りあります。
ベッドスプレッドで包んだことから、ガムテープをきつく巻けは良いかも…


もう一つ、cats_20180521160036b81.jpg ヤマト便なるもの。
これは、宅急便より大きい荷物を運ぶ便とか。
☎で聞けば、絵も問題ないと嬉しいお答え。

問題があるとすれば、
運送に1日余分にかかる。
集荷と・受け取りの時間指定が出来ない。の2つ。
では、送り状と集荷をお願い。


暫くして…やってきた若者は、朝の若者。

DSC04239.jpg

彼曰く、これは保険が掛けられませんがいいですか?と。
良いわよ。(確か、朝も言ったと思う私・・・)

じゃぁ、伝票を持ってもう一度来ますって~~~ん、まぁ!

ようやく荷物を出すことが出来ました。
保険不要に丸を付けた伝票でしたが、希望なら保険は掛けられそう。

ここを見ると、です。⇒ ヤマト便
まぁ、良いのですがネ。


ところで、このページに入れた白い花の名前がわかりません。
教えていただきたいです。よろしくお願いします。
(クリックで写真はおおきくなります。)

関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
この記事のコメント
夫が油絵を描いています大きいものは100号になります 小さい絵でも展覧会に出す時は絵専門の業者に
運搬を頼んでいます。
小さい旅 私もこれからは多くなりますねー
東京駅で新幹線の電車を見ていると、頭の中で
今から乗ると何処までいけるかな?とよく考えます
私は場所よりも乗っていることが楽しい方です
自分は楽して動かず、風景が移動するこんな
楽しいことはありません
  1. 2018/05/23(Wed) 15:11:10
  2. URL
  3. けい #
  4. [ 編集]
💕けいさん💕
まぁ。
けいさんのご主人さまは、画家さんでいらっしゃいますか?
作品は、展覧会で見られるのですか?何展でしょうか?
拝見したいです。

今回は、実家が持っていた湯浅一郎という画家の画を、ある方に送ったのです。
汚れたり傷があって修復前の画でしたので、簡単に送ろうと思ったのです。
お蔭さで、又一つ賢くなったような。。。

乗り物は、いいですね。
私ものんびり旅わ好きです。

  1. 2018/05/23(Wed) 20:03:13
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こんばんは。
美術作品の搬送は意外や難儀なものです。
私の親友も年に一回銀座で個展を開いてますが、搬入、搬出はてんやわんや。
搬出の際は梱包を手伝ってますが、
搬送業者さんは梱包が終わった作品を運ぶだけです。

銀座の画廊を一週間借りて、オープニングパーティー、そして搬入搬出。
いったいいくらかかるのだろうかと、下賤な疑問を持ってしまいますが、
当然、訊いたことはありません(笑

ところで、そういうオープニングパーティを狙う、
パーティ荒らしが存在することご存知でしょうか。

銀座には、多くの画廊がありますが、
個展の初日には殆どオープニングパーティが催されます。
画家の知人や画壇の先輩、評論家などを招待して、
料理、お酒が振舞われるのですが、
その中に全く関係ない人物が紛れ込んで、
食べ、かつ呑んでいつのまにか居なくなるという、
ま、一種の無銭飲食といいますか。
そういう、なんとも言いがたい人が存在するのですね。
実際に、某画家の個展会場で見たことがあります。
たまたま、画家のご家族が覚えていて、
即座に追い出したことがありました。
  1. 2018/05/23(Wed) 21:36:02
  2. URL
  3. NANTEI #
  4. [ 編集]
💕NANTEIさん💕
個展の初日のオープニングパーティ、何回かお招きいただいたことがあります。
個展って、物入りだわぁ~と思います。

知人(広島在住)夫妻が、銀座の画廊で二人展を企画したことがありました。
でも、流れました~
楽しみにしていたので残念でした。

そのパーティ荒らし、小説に出てきそうですね。

今回の画の搬送については、
お手軽にと自分で梱包をしたのです。が、調べると、専門業者さんは梱包から手掛けるそうで…せっかくの私の仕事(梱包)を解くのが嫌だったこともあって手こずりました。

NANTEIさんのご友人はご自身で梱包ですか。
  1. 2018/05/24(Thu) 12:53:55
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2926-42a7da33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)