こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
青森てんこもり、更に。
青森3日目、帰るまでに行きたいところは3か所。
城ヶ倉大橋と、三内丸山遺跡、ねぶたの家 ワ・ラッセ だけ。
…のつもり…

城ヶ倉大橋、手持ちの簡単な地図では、近そう~

が、どっこいとんでもない距離と道程でした。
ヘアピンカーブの狭い山道を登ったり下ったり延々~

DSC05293.jpg

視界が上がって、高くそびえていた筈の山が、間近に見えます。
車を降りて様子を見に行ったお婿さん、雪をしっかり見たらしい。

徒歩集団(女性4人組)が、
睡蓮沼目指しています。いい所ですよ~って。
心惹かれますが、戻るのはやめて目的地めざします。



DSC05304.jpg

小さいけれど綺麗な水の色の沼がありました。
<地獄沼>と、看板が。
東山魁夷作品にある御射鹿池の色のようだわ。



そこからの道は、普通にドライブウエイ。

DSC05314文字

到着しました<城ヶ倉大橋>駐車場。

DSC05316_201806252128328fa.jpg

津軽と南部を結ぶ、日本一の全長360mの上路式アーチ橋って…
何だかよくわからない説明は、頂き物で、私にも意味不明。

DSC05331.jpg

端の中央から下を覗き見、高所恐怖症ではなくても怖い!デス。


c0363682_12374052.jpg

十和田からの道は大変でした。
八甲田山の標高1040mの傘松峠を越えたのです。

ここから青森方面へは広くて走りやすく、ほっ^^。

🚙


三内丸山遺跡

三内丸山遺跡、想像とかなり違っていました。
ガイドさんを頼めば違ったかもしれませんが、勝手に歩くとただの公園。


🚙


DSC05441_20180625214202d6a.jpg

予定外ですが、すぐ近くの<青森県立美術館>に立ち寄ります。
 
シャガールの大きな絵、4枚に巡り合いました。
バレエの背景だそうですが、撮影不可。

DSC05460.jpg

DSC_1958.jpg
あおもり犬と森の子、どちらも奈良美智さんの作品。
これだけが写真OK。
興味深い作品、いろいろありましたが撮影禁止でした。残念。


🚙


DSC04701.jpg

ねぶたの家 ワ・ラッセ…建物の外装デザインは、微妙に落ち着かない。
赤い縦のひも状の部分が、壊れてる?!って思えるんですが。。。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
この記事のコメント
八甲田山の標高1040mの峠を越えるドライブは
大変でしたでしょう?カーブが多い山道の連続
想像できます💦
三内丸山遺跡は大きな建物にビックリです!
古代の生活を想像しても、なぞが多いです。
ねぶたの家はいかがでしたか?
  1. 2018/06/26(Tue) 16:42:32
  2. URL
  3. nohohon #
  4. [ 編集]
💕nohohonさん💕
観光地図で、直線距離をみて行きましたら、
大変な道のりでした。
運転手のお婿さんにお気の毒でしたが、行って良かった場所でした。

縄文に大の建物、凄いです!
古代人の叡知、改めて尊敬に値するわと。。

ねぶたの家、モダンな外観に似合わない内観でした。
本物の、動くねぶたも見たいものです。
  1. 2018/06/27(Wed) 20:17:58
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こすずめさん

外国に行くと「へぇ~ 写してもいいの! ?」と
思える場所もOK。
日本は厳しいですね。
この時代、もっと撮っていただいて
ドンドン発信すればいいのにと私の単細胞の頭がそういわせています。

外はOKだったんですね。
人物との対比写真、私は好きなんですよ。
人が一人 二人といるだけで大きさだけでなく
建物の存在自体の息が聞こえてきます。
  1. 2018/06/28(Thu) 09:41:08
  2. URL
  3. az #
  4. [ 編集]
💕azさん💕
そうそう、確かに外国は写真におおらかね~。

美術館、本当はいっぱい撮りたいのに残念。

写真に人が入るのは、私も好きです。
azさんの理由を聞いて、ナルホドでした。
そう、息づきますね。
  1. 2018/06/28(Thu) 13:27:20
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2945-df063f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)