こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
『ゴッホ最期の手紙~』と『ゴッホのあしあと』
えっと、まずですが、
『ゴッホ最期の手紙~』…は、映画。
『ゴッホのあしあと』…は、本です。

拳銃自殺をしたと言われているゴッホの死には、不可解ながあった。

予告編での解説通り、珍しい映画です。

125名の画家たちが、ゴッホのタッチを再現しながら描いた“動く油絵”で出来た映画は、
俳優たちが役を演じる実写映画とCGとの合成。

ゴッホの絵画に似せて作られたセットか、
後にCGアニメーションと合成させるためのグリーンバックが背景だそうです。
そのため、出演俳優たちは画中の風貌に似た人を選んだらしい。

映画の画面は、1秒間に12枚の油絵を使って動かしているのだとか。


感想は、素晴らしい試みと、見事な作品に驚きながら、
どこか、馴染めませんでした  。゚(゚´Д`゚)゚。



ゴッホのあしあと 原田マハ : 著 幻冬舎 : 発行

「日本に憧れ続けた画家の生涯」と副題のついた、小説ではなく、 
ゴッホの時代やアートを原田マハさん目線での解説&解明本。

≪たゆたえとも沈まず≫でマハさんが描いた、
ゴッホと弟のテオ、パリにジャニズム旋風を起こした林忠正・加納重吉。
社会に受け入れられない新時代の画家を支えたタンギー爺さんなど。

人も出来ごとも、虚実混ぜ込んでの小説作法も、ナルホドです。

ゴッホの自殺についても、諸説あることを踏まえて、
やはり自殺であろうと推察されていました。
肝心のについても、原田説に、そうかも知れないと、、、


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
この記事のコメント
こすずめさん

ふ~ん 映画と本
生涯現役で勉強生のこすずめさん

遠い昔に卒業
今ではしがないその日暮らしの私

こうして観て。。。読んで。。。の人に
説明してもらうのが一番です。
  1. 2018/07/26(Thu) 16:24:26
  2. URL
  3. az #
  4. [ 編集]
“動く油絵”で出来た映画 予告編を見せて頂きました
絵で見るから想像が広がっていきますが
表情が動いてしまうと違うものになってしまう。
そんな感じがしました
私はやっぱり絵は絵のままが良いかなぁ。

珍しい映画のご紹介ありがとうございました。
  1. 2018/07/27(Fri) 07:32:54
  2. URL
  3. nohohon #
  4. [ 編集]
💕azさん💕
過分のおほめに与ったような~~、なんてね。
確かに、何でも興味あるかも知れない。
それって、別の表現では、
落ち着きがない!とも言うのよね~~
いつになったら落ち着くのかしら?私。
  1. 2018/07/27(Fri) 17:16:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
💕nohohonさん💕
わぁ~~適格な表現です。

>絵で見るから想像が広がっていきますが
>表情が動いてしまうと違うものになってしまう。

私が落ち着かなった理由、それです。
スッキリしました。
ありがとうございました。
  1. 2018/07/27(Fri) 17:18:29
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2956-b60953fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)