こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
すぐ死ぬんだから / ナオミとカナコ / ある少年兵の帰還  / 根っこと翼 / 府中三億円事件を……

 ナオミとカナコ 奥田英明:著 幻冬舎:発行 ★★★

突っ込みどころ多々な、完全犯罪=DV男排除の計画と実行の物語。

それでもね、この二人の立場になった気分になって・・・ハラハラ。ドキドキ。
どんどん、追い込まれて、胸が痛くなる緊張感で読みました。
面白かったと表現していいのかしら?




すぐ死ぬんだから 内館牧子:著 講談社:発行 ★★★

「ハナは若いし、おしゃれだし、お前は俺の自慢だよ。俺、人生で一番よかったのは、ハナと結婚したことだな」と結婚以来死ぬまで五十五年間ささやき続けた夫。

夫の死で、露見した夫の裏切り。
夫には愛人がいた。そして子供までも。
夫は平気で四十年もわたしを裏切っていた。
さぁ、どうする?

これも他人事とは思わないで、同感したり、違わない?と面白く、楽しく、読みました。
私、主人公=ハナ と同じ歳ですし。





『ある少年兵の帰還』 鬼内 仙次:著 創元社:発行 ★★★+


出版社内容情報での【解説】
昭和二〇年四月七日、戦艦大和は沈没。生き残った少年兵八杉は、その後、陸戦隊に属し呉にいた。八月六日、広島に原爆投下。八杉の部隊は広島駅と鉄道復旧のため広島に入り二次被爆。運命とは言え、終戦直前の二つの地獄を体験した十七歳の少年は、戦後いかに糊口をしのぎ、心に負った戦争の傷跡と対峙したか。それは当時のすべての日本人の共有した苦難の道だった。涙なくして読み得ない感動作を万感の祈りを込めて刊行する。


著作数は少ないのですが、
一貫して実際あったままの話を書く。と言われています。

事実は小説よりも奇なり。。。その通り.

この体験と生涯を、多くの方が読まれるといいなと感じる本でした。





根っこと翼 皇后美智子さまという存在の輝き  末盛千枝子:著 新潮社:発行 ★★★

根っこと翼 『皇后美智子さまという存在の輝き』
 
私が選んだ本ではなく、借りて読みました。
上皇后さまになられた美智子さまのお人柄やお考えのしみじみわかる内容でした。
深い知識と広い教養、知性的で穏やかな方が皇室を守られるのに、誇り高く感じます。

読書についてのお考え、その通りです。↓は本から。
振り返って、子供時代の読書は
ある時には私に根っこを与え、ある時には翼をくれました。
この根っこと翼は、私が外に、家に、橋を架け、自分の世界を少しずつ
広げて育っていくときに、大きな助けとなってくれました。
読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。私たちは複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人の関係においても。国と国との関係においても。

良い本を、ありがとうございました。




府中三億円事件を計画・実行したのは私です。 白田:著 ポプラ社:発行

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。

1968年12月10日に発生した「府中三億円事件」。
未解決のまま時効を迎えたこの事件が2018年でちょうど50年を迎える。
そして今年8月、突如「小説家になろう」に投稿された小説によってネット上は騒然となった。
日本中を騒がせた話題の小説、刊行!
ポプラ社情報のままです。

今、この本が出て不思議です。
あの、3億円事件の真相は知りたいと思う人がほとんどではないでしょうか。
真犯人を名乗り、真実を書いた本ということで、説得力ある内容でした。

でも、ならば、何故警察は調べないの???
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
この記事のコメント
>私たちは複雑さに耐えて生きていかなければならないということ
人と人の関係においても。国と国との関係においても。
心に残る言葉です。

『ナオミとカナコ』楽しそうですね~^^
楽しい本が読みたくなっています予約しようかな🎵

  1. 2019/07/01(Mon) 09:47:43
  2. URL
  3. nohohon #
  4. [ 編集]
💕nohohonさん💕
美智子上皇后さまは、本当に素晴らしいお方のようです。(本を読んだ限りですが)
私にはとてもとても出来ない暮らしと、生き方です。でも、誇りです。

『ナオミとカナコ』…
ドキドキ・ハラハラ、心臓によくないかもです。
一気読みを超える勢いで読みました。

思わず笑ってしまう本は、最近では さだまさしさんの「ラストレター」でした。
私が、さださんを好きだからかもしれませんが。↓で、書きました。

http://kosuzume3.blog109.fc2.com/blog-entry-3117.html
  1. 2019/07/01(Mon) 19:57:15
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/07/02(Tue) 21:01:31
  2. #
  3. [ 編集]
忘れた頃?
こんにちは。
「すぐ死ぬんだから」が面白そうなので早速図書館に行ったら何と!!
“244番目です。どうしますか?”と聞かれたのですがとりあえず予約してきました。
“忘れた頃に連絡が行くと思います”とのことでした。
こんな頃でしょうか→v-276
  1. 2019/07/03(Wed) 12:59:02
  2. URL
  3. 窓辺 夢 #
  4. [ 編集]
💕鍵さん💕
こちらこそ、お手数をおかけして申し訳ありません。
お返事はごちラにしようか?迷いましたが、ここにします。

FC2のサポートには、私も困った時などに問い合わせをいたしますが、
実は、解決した経験がほとんどありません。

今でも解決しない事があったりします。
あるブログの文字が透明化します。
選択・反転してなら読めますがどうにも面倒なので問い合わせました。

私だけの現象らしいのですが。
FC2のサポートさんでも、この場合はその現象が見られたと思います(正確には失念しています)
私の環境などお伝えしましたが、こちらには問題がないとの事。

そのブロガーさんが、詳細環境を知らせてくださいましたが、
あれから2~3年・・・音沙汰なしです。
私は、相変らず文字の選択・反転で読んでいます。

その他もいろいろ。
という次第で、ご迷惑とお手数をおかけしましたが、これはこのままにいたします。入れない訳ではありませんので。いろいろありがとうございました。
  1. 2019/07/03(Wed) 19:20:26
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
💕窓辺 夢さん💕
私も、本来ならまだまだ先にしか借りられませんでした。
お隣さんが、私より数日前に申し込んでおいてくださったので早く読めました。

人気モノは、半年以上はザラですね。
私の場合も、今待っているものは、まだ888番目です。
いつ来るかしらね。
  1. 2019/07/03(Wed) 19:26:15
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/3128-e9206018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)