こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
新聞で。
◆ 今朝の朝刊で。

きもの

今日(6月30日)~ 8月23日まで、東京・上野の東京国立博物館で。
日本の美を映す彩り豊かな「きもの」の変遷を鎌倉時代から現代までたどる特別展「きもの KIMONO」(朝日新聞社など主催)。
小物や絵画を含む約300件が展示される。そうで、見に行きたいけれど…
今の東京は、どうなんでしょう。




◆ 少し前の朝刊で。

朝日歌壇

今、短歌に嵌って、いろいろな賞も貰い続けている知り合いの名前を見つけました。
紙面の名前をまず見てしまうこすずめ、嬉しくて👏。
朝日歌壇が憧れ!と聞いていたのです。

時節柄、マスクの和歌が目につきました。





◆ もっと前の、天声人語で。
タイトルは、多分、”腸チフスのメアリー”

いまから100年ほど前、ニューヨークに「チフスのメアリー」と呼ばれた女性がいた。
本人に自覚症状のないまま、周囲に腸チフスの感染者を増やす。
一説に計47人、うち3人が亡くなったとされる…という実話です。

Mallon-Mary_01.jpg

Wikipediaを見てみました。
それによると、
世界で初めて臨床報告されたチフス菌(Salmonella enterica serovar Typhi)の健康保菌者(発病はしないが病原体に感染している不顕性感染となり感染源となる人)。

アイルランドからニューヨークに移住したアイルランド系アメリカ人で、
1900年代初頭にニューヨーク市周辺で散発した腸チフス(Typhoid fever)の原因になり、
腸チフスのメアリーあるいはチフスのメリー(Typhoid Mary、タイフォイド・メアリー)という通称で知られる。

メアリー・マローン(1869年9月23日 - 1938年11月11日)は、家政婦。
1900年頃までにはその腕の良さと「子供のように善良な」と評される人柄から信頼を集め、住み込み料理人として富豪宅に雇われて、他の使用人よりも高給を得ることができる身分になっていた。


彼女の働く家庭周辺から腸チフス患者が頻発、彼女を雇った時期と重なることから、
強制的な検査+隔離策がとられた。

…が、後年、解放され・・・・・・・・
数年ののち、またもや彼女の周辺から腸チフスが発生。

終生隔離されたそうです。

136px-Typhoid_carrier_polluting_food_-_a_poster.jpg

全く、自覚症状もないままの保菌でした。
稀すぎるかもしれない実話ながら、今は、それもありなむです。

怖れ過ぎるのも危険かもしれませんが、やはり見えない相手は怖いです。
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
こんにちは。
これ、非常に興味あります!
そして西洋美術館では「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」、また「バウハウス展」が東京ステーション・ギャラリーで開催という垂涎の企画が目白押しで、気持ちは逸る一方ですが、東京はこのところ連日の感染者50人超え。検査で見つかってない感染者も入れると、たぶん100人は優に超えている筈。
とても怖くて東京に行けません。
なんでこうなるの!という気持ちです。

お知り合いが朝日歌壇に取り上げられましたか?
凄いことです!
こすずめさんも、素質は十分お有りかと思いますよ。
是非、短歌をお楽しみください^^
  1. 2020/06/30(Tue) 17:53:37
  2. URL
  3. NANTEI #
  4. [ 編集]
💕NANTEIさん💕
興味、おありですか。
「バウハウス展」…見てみたいです。

いずれにしても、この時期、8月でも東京は無理ですね。

朝日歌壇、目標にしていると聞いていました。
アベノマスクは、閣僚もしていない…私の実感と重なっています。一番ヘン!と思うところです。
  1. 2020/06/30(Tue) 21:07:27
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
いつまで続く 見えない敵との闘い。
自粛解除だといわれても遠くに行けないし
気分はやはりブルー。
なんだかんだで7月になります。
このままの状態で12月を迎えるのかしら。
  1. 2020/06/30(Tue) 22:14:23
  2. URL
  3. ai #
  4. [ 編集]
こんばんは。
色や柄が違うだけの反物で仕立てる着物で世の中の移り変わりを知る事が出来るのも不思議です。

嫁入りに仕立ててもらった黒の絵羽織、今では羽織っている方を見かけた事はないし・・。
それ程昔じゃないと思うのですが。

東京は まだチョット怖いかもしれませんねぇ。

新聞の俳壇に掲載されたお友達と早速お話されたのでしょうね(^^♪

  1. 2020/07/01(Wed) 00:29:37
  2. URL
  3. てふてふ #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/07/02(Thu) 09:46:32
  2. #
  3. [ 編集]
💕aiさん💕
本当に( ^ω^)・・・

臆病者なのでしょうか、私は、未だ旅行はおろか外食もためらいます。

どんより、湿っぽい時間が過ぎます。
いっそ、すべて”運!”ということにして、開き直ってしまおうか、なんて(苦笑)
  1. 2020/07/02(Thu) 12:25:30
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
💕てふてふさん💕
和服って、見事なものですよね。

長いだけの布地で、長着も羽織もコートもなんにでもなりますし、
生地や柄で、まさに千変万化。
誰が考えたのかしら?

朝日歌壇に載った方は、
この地方の東海歌壇の常連さんです。
今日も見ました。

☎ではなく、ラインだけでしたのよぉ~。
ちょっと年下の男性ですから。
  1. 2020/07/02(Thu) 12:30:22
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
💕鍵さん💕
わざわざ、ありがとうございます。
お調べくださったのですね。お手数をかけてしまい、申し訳ありません。

そちらに伺いますね。
  1. 2020/07/02(Thu) 12:31:35
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/3276-073d6c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)