こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ふっと、疑問に思った。
馬鹿なことを^^と、蔑まれるかもしれませんが、
こすずめですから脳みそも少ない…と思し召しの程を。

そして、ご存じならば教えて頂けると幸いです。


その1
cats_201804121254492ac.jpg

対:金塊密輸作戦として、4月10日からこんなゲートが出来たそうです。
中部国際空港=セントレアにです。

photo02.jpg

ここを潜ると、金属に反応するそうです。
いいと思います。が、金の装身具には反応しないのかと。


喜平

喜平の装身具は、金そのものの価値がほぼ適用されます。
男性用のネックレスなど500gくらいのものもあります。
それは、密輸の抜け道にはならないのかしら?…




その2

人命にかかわるあの行為。
そう、大相撲の土俵と女人禁制問題です。

6131434721_26575b9aba.jpg

いろいろな理由があっての’女人禁制’ですが、
存在感と市民権の定着しているオネエ族たちは、どうなの?と…

見かけで判断するのかな?
どうかなぁ~~???。



その3

かなり前から不思議な現象:口だけマスク。

ウサギ2

眼鏡が曇るから。
呼吸が苦しいから。
口呼吸だから。

とかも聞きますが、違和感を抱いてしまいます。
本当は、何故なの?

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
疲労、へろへろ。
どうしてなのかなぁ~
今日は、とにかく、へろへろ。。。

DSC03761.jpg


ほぼ、年に一回の定期検査をしました。

DSC03757_20180411091156191.jpg 
 
●背骨と腰のレントゲン撮影…9方向から。
●骨塩定量測定…10分ほどトンネルに入ります。
●腰部分のMRI撮影…耳栓トンネルでとろとろ15分。

大きな病院では、撮影場所が離れていて、
その度に撮影着に着替えるのも大変+面倒。

今回はズルして、撮影着のまま院内移動を許可して貰いました。
それなのに…


DSC03763.jpg 


毎年やっても平気なのに…
くたくたに疲れ果てました。

夕食の支度も辛すぎて、、、
これも、加齢ですか?なさけないわね。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
金ぴか 新名所になる?。
垢抜けない、魅力の乏しい都市:名古屋に新名所が出来た様子。
名古屋城に≪金シャチ横丁≫誕生。


3月29日、満開の桜と共にオープンしたのですが、
混雑は避けて、葉桜の平日に行ってみました。

DSC03721.jpg

地下鉄:市役所駅を出ると、目の前にいきなり、宗春ゾーン!
今風のレストラン街は、若い家族連れで大賑わい。
どこも行列が出来始めています。

DSC03726.jpg

焦って、腹ごしらえ~


DSC03731.jpg

ハンバーグのセットにしてみました。
シュウ皮のようなパン???
婆にはボリューム過多でしたが、美味しかった♪(満足じゃ)


DSC03736.jpg

名古屋城に入らないで …約10分… で、義直ゾーン到着。
こちらは、伝統的な なごや飯街@和の古い町並み。


DSC03744.jpg

平日ですが、かなりの人混み。

 
金ぴか名古屋…いろいろ、金の飾りつけ。

DSC03748トリミング

ソフトクリームに金箔は、900円ですって。
ちなみに、金箔無しは500円。

DSC03745.jpg

名物:わらじトンカツにも金が (*゚Q゚*)


名古屋城も見学したかったのですが、疲れました~
で、又の機会に。

DSC03751.jpg

義直ゾーンは、名古屋城正門の近くにありました。
正門、実は初めてでしたが、見事な🌸🌸🌸

美しい時期に行ってみたいものです。






 
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
おこう紅絵暦
おこう紅繪暦1 高橋克彦:著  文芸春秋:発行

図書館で借りたい本は、目下夫の名義も借りて最大の12冊を予約中です。
新刊本を主に申し込んでいるので、なかなか回ってきません。

おこう1

  これも、夫が買ったらしい本。

  高橋克彦、遠い昔に1冊だけ読んだ記憶が…
  確か『写楽殺人事件』だったかと思うのですが、内容はすっかり失念しています。


   装丁と装画が、好き~♡
  捕り物帖で、短編が12編。
  ≪願い鈴≫≪猫清≫≪ばくれん≫≪熊娘≫≪耳打ち≫≪古傷≫など、
  それぞれのタイトルもいい感じ。

  北町奉行吟味方筆頭与力:仙波一之進と、元は、柳橋一の人気芸者:おこう
  一之進の父:左門、浮世絵師:春朗などが、様々な事件の謎を解き明かします。

おこう3

  ばくれん…今風に言えば暴走族?…出身のおこう。
  与力の嫁として家を取り仕切り、舅に可愛がられ、過去の友人・知人にも頼られている姿は 
  聡・賢・美を備えて、カッコいいけれど、も少し気風の良さも欲しいな。
  …は、昔、元芸者さんを隣人に持った経験から。


おこう4
  
 とにかく、軽くてサラサラ~~と読みやすい物語集。
  でもね、辛みで言えば、丁寧な本ではありません。
  時々、誰が? 誰に? と迷い道。

  後で知ったのですが、シリーズものらしい。
  この前作の「だましゑ歌麿」を読んでからの方が齟齬感がないらしい。
  図書館で借りようかな。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
すみれの花の砂糖漬け
すみれ砂糖漬け、yoyoさんに教わりました。

DSC03699小
庭にたくさんあったすみれ、いつの間にか姿を消しました。
たった一つ残っていたのが、これ。



どこかにないかなぁ~~と、うろうろ。

DSC03694.jpg
バス通りに面した場所にに発見(o‘∀‘o)*:◦♪
歩道から1m位上にある駐車場なので、多分清潔でしょう。


DSC03693小
白いすみれ…肥後すみれではなく、白花のすみれ。


作り方は、コチラに詳しいのですが、


DSC03701.jpg
洗って、卵白をつけて、キッチンペーパーに置きます。
上向きにすると、花の形が崩れそう~
なので、上向きにしたり下向きにしたり・・・

DSC03709小
黒い漆の器に、グラニュー糖を薄く撒いて
卵白をつけたすみれの花を並べ、
グラニュー糖を軽く振ります。

DSC03718小
白い花の砂糖漬け、どうやって使おうかしら?
そのままお茶うけにしても良いのかしら?

初挑戦、でしたがもしかしたら失敗!
yoyoさんのレシピをよく読んだら、グラニュー糖をもっとたっぷり塗すらしい。

これからでも間に合うかな?
やってみます。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10