こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ありがたいこと。うれしいこと。

このところ的中率の高い天気予報では、
大雪か霙になるらしい・・・そんな、昨日(9日:木曜日)。

大阪からの本体取り寄せと聞いているエアコンは、あの関が原を無事通ってこられるか?

DSC08337.jpg

天候次第では、エアコンなしの寒い日が続くかもしれない、と覚悟はしていましたが、
ありがたいことに 取り換え設置工事完了しました。
うれしいな。


DSC08340枠
……  チューリップの芽が出ました  ……

と言いながら、余談です。

我が家は、高気密・高断熱と言われている家です。
某雑誌で’魔法瓶のような家’と紹介された記事に興味津々。
3層ガラスと木枠の窓やドアに魅せられてしまったわたし。

当時、東京本社と札幌支社だけだった住宅メーカーさんと打ち合わせを重ねながら、
遠距離建築に不安もあります。

迷っている時の強力なバックアップは、古い友人でした。
河口湖に持つ別荘がこの造りで、大変なお気に入り。
実体験で泊めて頂いたりもして、決めました。


今回、偶然ですがこの家の気密性と断熱性に救われました。
小さな和室のエアコンと扇風機作戦で、家の中は19℃を下回ることはなく過ごせました。

とりあえず、何とか寒さはしのげました。
改めてありがたく思いました。


DSC08341枠小
……  200球植えた球根、楽しみたのしみ  ……

もう一つ・・・余談です。

冷暖房を久し振りに使うとき、
冷房は16℃、 暖房は30℃ 運転を30分すると良いそうです。
効きが良くない時は、ガス不足やガス漏れの可能性が見つかるそうです。

それと、業者さんクリーニングですが、
分解クリーニング以外のクリーニングは故障を早める場合が非常に多いとか。

するなら、分解クリーニングを!と聞きました。
自分用忘備録です。







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ほっこり、嬉しい(^^♪
リビングのエアコンが使えなくなって、4日目です。
故障がわかった時点=曜日に買い替えの見積もりをお願いして、
今朝(火曜日)の午前8時半に、修理の予定が決まりました。
曜日の午後、取り換え工事予定!

 DSC08317_20170208131852975.jpg

最近は需要が少ないらしい床置き式のエアコンは、大阪に発注中。
到着が木曜日のお昼頃なので最短です。
ありがたいわぁ~~


その間の時の流れが、気持ちを温めてくれました。


我が家の場合、
新築時から、空調工事&修理はエアコンメーカーに直接依頼していましたが、
我々夫婦の加齢とともに、何事もシンプルにしたいと思い始め、
エアコンメーカーさんと住宅メーカーさんとに、相見積もりをお願い。


エアコンメーカーさんには修理の方にお任せして、月曜の見積もり予定と聞きました。
住宅メーカーさんは、土曜日に現場を確認、日曜には見積もりを受けとって、
対応の速さと親切さに暖かさを貰います。

何しろ、一刻も早く暖かくなりたい。

DSC08316.jpg

月曜のお昼近くに、エアコンメーカーさんに確認の連絡を入れると、
大きな組織にありがちな、”調べて連絡します”攻勢。

挙句、かなり高い見積もり価格の提示と、冷たい言葉を聞き…
もう、住宅メーカーでの工事に決めよう!


そこへエアコンメーカーの別の担当者から、連絡が入りました。
価格も安いですし、倉庫の在庫確認も怠りない様子です。

何より、普通に会話の成り立つことが幸せ感p(*^-^*)qいっぱい。
先のエアコンメーカー社の人とは大差です。

床置き式は今ではあまり使われませんから、どうしても高くなります。
とか、
今仕事が立て込んでいますので、工事の日程は先になります、とか言われたのよね。


費用の差、5万円…間違い3万円でした…は大きいですが
この対応の差も大きいです。

住宅メーカーさんの素早い対応に軍配を揚げます。


 DSC08336_20170208132315a08.jpg

今日の画像は、何もないので昨日の装いから。
明治時代の蒔絵の帯止め、2月に一度は使います。
この帯止めを使うときに、つい選んでしまう長着と帯。
車輪梅染めの紬にゼンマイ紬の8寸です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
寒い~~


DSC08252小
お母さん、寒いね。

いです。
体もこころも、寒い~♪って、歌があったような。
居間のエアコンの様子が何だか変です。
風が涼しい~

DSC08301.jpg

室外機のトラブルだろうと自己診断。
寒い場所での作業をお願いするのが心苦しくて、春まで待つつもりでいたのですが…

余りにも暖房が効かなくて、とうとう修理を依頼しました。


 (*゚Q゚*) 困ったわ。
診断結果は、故障は重傷

 DSC08279.jpg 

① ファンに大量の汚れが付着していて、ファンが回っていない。
➁ そのため、上部吹き出し口からの風が止まっている。
③ ガス不足の可能性が高い。
④ 複数部分から異音が発生している。
⑤ 部品に錆と劣化が起こっている。

じゃぁ…直すより買い替えですね。
見積もり、大至急お願いね。

ストーブを持っていないので、エアコンの故障は痛いです。いです。
やむを得ず、こんな対策で凌いでいます。

DSC08310小

なげしが邪魔をする和室の前に扇風機を置いて、何とか暖かさを誘導。


このエアコンは、11年前に買い替えて、
3年半前に、まるで新品のように掃除をしてもたったもの。⇒ こんなに綺麗に。

3年半でこんなに汚れが着いたのは何故かしら?
フローリンングで、家族は老人二人の静かな暮らしです。
多少気になるのは、1年の9か月くらいは稼働スイッチを入れっぱなしな事?


今後の為にも、理由が知りたいとは思うのですが、
買い替えは現実です。

DSC08254小

あぁぁ…
またもや、諭吉さんとお別れなのね。
身体もフトコロも寒さが身にしみるわね、ぱせりさん。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
先回の続きの、お皿のはなし。
陶器って、剥げるのですね。
金継ぎを却下された理由は、
壊れ方の他にもう一つありました。

模様の色落ち心配だそうです。
だって、焼き物でしょ?と、不審でしたが…

DSC08222.jpg

これ↑で、ナルホド。
このお皿、色が落ちています。

DSC08234の合成
別の1枚と並べてみると歴然です。

ナンバー付き

これ、今泉今右衛門さんのお皿です。
ちょっと前、14代(現在の代)今右衛門さんとお話しする機会があったときに
写真でこちらのお皿 ↓ を見て頂いたことがあります。

DSC08241の合成

先代のものに違いありません、と14代さん。
すると、100年くらい前の物でしょう。

よく使っている1枚だけ、色落ちが酷いです。



今回金継ぎをお願いしようと思ったお皿は、これ。

DSC08248.jpg

金彩をまじえた豪華絢爛なものを金襴手(きんらんで)と呼びます。
「大明嘉靖年製」とあるこれは、中国明代後期の金襴手をモデルに焼いた器のようです。
これも、色落ちの心配があるのでしょうね。

今日も新しい学びに感謝です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
葱と…お皿。(いちばん下に、下仁田葱の説明を加えました。)
庭野菜…わずかですが下仁田葱の苗を育てています。
この葱は、白い部分が少なくて青いところが立派になります。
勿体ないなぁ~と思いながら、食べきれる量ではなくてゴメンネって。

DSC08196.jpg

この、青ネギの内側のねばねばに
免疫力を培う成分があるらしい。
風邪予防にとても良いらしい。

ということで、太い部分に鶏のつくねを詰めて焼いてみました。
写真がないのですが、
鶏肉の臭み消しにもなり、ねぎの甘さもあって、とても美味しくなりました。



DSC08222.jpg

↑まだまだ残っている部分は、細かく切って
卵 と おじゃこ(しらす干し)に 残り物の明太子と片栗粉をほんの少し。

フライパンで焼きました。
これも、大ヒット(^^♪



それと、これ↓

DSC08204.jpg

大きな根っこです。
TVの受け売りで、天ぷらにしてみました。

揚げ方に問題があるのか?
サクサク・パリパリと簡単に噛み切れるつもりが×です。

DSC08208.jpg

味は、ねぎの風味があってビールのお供に合いそうなのに・・・ちょっと残念。
もう一度、機会があれば試そうかな。

 


ところで、下仁田葱ですが、
我が庭の葱ちゃんの顔立ちが拙いので、誤解をさせてしまっているように感じました。

お借りした資料で、美人顔の下仁田葱さんをご紹介します。
 下仁田葱


頂いたコメントのお返事用に、京野菜の九条ネギの画像です。
九条葱


タイトルのお皿については、次に書くことにします。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12